<form id="5jxvd"></form>

    <address id="5jxvd"><listing id="5jxvd"><nobr id="5jxvd"></nobr></listing></address><pre id="5jxvd"></pre>
    <var id="5jxvd"></var>

    <nobr id="5jxvd"><delect id="5jxvd"><track id="5jxvd"></track></delect></nobr>
      <pre id="5jxvd"></pre>

    ナビゲーションへスキップ

    本文へスキップ

    商品情報

    パラゾール

    パラゾールノンカット袋入800g

    引き出し用防虫剤。切らずに使えるノンカットタイプ。世界初ウールマーク認定防虫剤。

    希望小売価格 オープン
    内容量 800g
    サイズ(mm)
    パッケージ(幅×高さ×奥行)
    220×290×60
    本体(幅×高さ×奥行)
    -
    JANコード 4902407104311
    パラゾールノンカット袋入800g
    • 商品の特長
    • 商品の使い方
    • よくある質問

    商品の特長

    ●衣類に安心なウールマーク認定防虫剤です。
    ●切らずにそのまま使える便利な防虫剤です。
    ●パラジクロルベンゼンの防カビ効果により衣類にカビを生えにくくします。
    ●減りぐあいが見え、入れ替え時期が確認できます。
    ●ガスコントロール包装ですから、防虫効果が長続きします。

    「ガスコントロール包装」???和紙に特殊コーティングした独自の包装で、ガスの揮散をコントロールし、
    安定した効率のよい防虫効果が長続きします。

    パラゾールノンカットは、衣類に安心なウールマーク認定防虫剤です。


    【用途】
    ●引き出し用
    ●衣装ケース用


    【有効期間】
    ●使用開始後約4~6か月
    温度や使用状態などで有効期間は一定しません。夏期は早めにみて補給してください。

    成分

    ●パラジクロルベンゼン 
    ●香料

    商品の使い方

    【標準使用量】
    ●タンスの引き出し(50L)(90×45×12)???7包
    ●衣装ケース   (50L)(35×51×28)???7包
    ●衣装ケース   (75L)(45×75×22)???10包
    容量目安サイズ(幅×奥行×高さ 単位:cm)


    【収納前に】
    ●衣類の汚れをきちんと落としてください。
    ●衣類をよく乾燥させてください。
    ●クリーニングのカバー等は外してください。


    【ご使用方法】
    ●小袋を切らずにそのままご使用ください。
    ●衣類の上部に置いてください。
    ●本品を一度に使用しない時は、外袋を輪ゴムなどで密封して保存してください。


    【保存方法】
    ●密封して冷暗所に保存してください。
    ●ニオイがうつることがあるので、食品と一緒に保存しないでください。


    【使用上の注意】
    ●パッケージに記載されている使用量を守ってご使用ください。
    ●衣類の入れ替えをするときは、部屋の換気を行ってください。
    ●幼児の手のとどく所に置かないでください。
    ●タンス等の密閉性のある収納容器でご使用ください。
    ●本品は食べられません。
    ●ナフタリン又はしょう脳との併用は避けてください。溶けて衣類にシミを残すことがあります。
    ●塩化ビニル、スチロール及びアクリル等の合成樹脂製品は、本剤におかされ変形することがあります。
    ●気温の変化などでまれに衣装に粉状または結晶状の防虫剤が付くことがありますが、
    シミ、変色などの心配はありません。風通しのよいところに吊るしておくと自然にとれます。
    もんだり、こすったりしないでください。
    ●用途以外には使用しないでください。

    衣類についた防虫剤のニオイをとる方法はありますか?

    風通しのいい場所に吊るして自然の風をあてるのが効果的です。防虫成分は水に溶けない成分ですので洗っても即座に防虫成分のニオイを取り除くことはできません。

    防虫剤の袋や衣類にキラキラした粉がついていますが何でしょうか?またどうすれば元に戻りますか?

    これは再結晶といい、一度揮散した防虫成分(ガス状)が気温の変化でまた元の結晶(粉状防虫剤)に戻って、衣類や収納箱、製品外袋の内側や個袋表面に付着することです。温度差が大きく、ゆっくり再結晶した時は氷砂糖のような大きな固まりになってこびりつく時もあります。防虫剤は、気温によって防虫成分の揮散する量が決まっていて温度が高い程、その量は多くなります。風通しのよいところで陰干しすれば自然に元どおりになります。シミが残ったり衣類が変色したりすることはありません。

    新しい防虫剤に変更する時の注意点は何ですか?

    今までと異なる製剤(ピレスロイド系は問題ありません。)に変更する時は、まず残っている防虫剤を全部取り除きます。防虫成分のニオイ同士でも影響しあって衣類にシミを付けることがありますので衣類を全部収納場所から出して、防虫成分のニオイがなくなりましたら新しい防虫剤をいれてください。防虫成分のニオイは、風通しのよい環境ほど早くなくなります。